読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FilmMaker Ishikawa Shingo

「蘇りの恋」「カササギの食卓」「出発の時間」「あさごはん」などの映画監督、石川真吾のブログです。

2016年を映画などでふりかえる

新作ベスト この世界の片隅に 淵に立つ 無垢の祈り クリーピー 偽りの隣人 FAKE 退屈な日々にさようならを SCOOP! シン・ゴジラ 川越街道 リリカルスクールの未知との遭遇 とにかく『この世界の片隅に』に尽きる1年だった。初日に観て翌日に観て、計4回観…

『川越街道』K's cinema上映に寄せて

本日より私がラインプロデューサーを務めました映画『川越街道』がで公開となります。ただ、愛されたい人々の群像ロードムービーです。連日18:35、新宿K's cinemaにて五日間限定の公開です。ぜひご来場ください。 岡太地監督『川越街道』 特報 なぜ今回の…

『ハルをさがして』公開に寄せて

本日8月6日より、私が編集と宣伝デザインを担当させてもらった自主映画『ハルをさがして』が公開されます。下北沢トリウッドで1日3回上映です。下北沢トリウッドといえば、自主映画の公開に寛容な劇場のはしりではないでしょうか。10年前、私が監督した『カ…

RAKUTEN SHOWTIMEにて『蘇りの恋』無料公開!

7/1〜7/31までの期間限定で拙作『蘇りの恋』がRAKUTEN SHOWTIMEというサービスで公開されています。 http://video.rakuten.co.jp/content/189044/ RAKUTEN SHOWTIMEのメンバー登録をするだけで無料でご覧いただけます。 ぜひご覧ください。 『蘇りの恋』ーLo…

【福井登山】雨露の冠岳~浄法寺山

Fire-Maple 0.8?ケトルFMC-XT1ヒートエクスチェンジャー装備【SW限定】 出版社/メーカー: Fire-Maple メディア: その他 この商品を含むブログを見る

『リリカルスクールの未知との遭遇』公開に寄せて

HIPHOPアイドルユニット「リリカルスクール」の主演映画『リリカルスクールの未知との遭遇』が本日公開される。 僕はDIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)としてクレジットされているが、実際の現場では車輌部もやったしカラーグレーディングのお手伝…

人生に絶望したら『夜と霧』を読みなさい

〈わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とはなにものか。人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りの…

ナイフ初心者がオピネルのナイフを購入した

お題「ちょっとした贅沢」 携帯用のナイフが欲しくなって、隊長に相談した。 隊長とは誰か。隊長の世を忍ぶ仮の姿はカメラマンであるが、本職は登山家である。嘘である。本職はカメラマン(撮影部)でぼくとは登山仲間である。昨年は一緒に富士登山をした。隊…

初登りは文珠山(365m)

お題「わたしの地元」 登山が趣味である。月に1回くらい無性に山に行きたくなる。せわしない日常生活から抜け出して自然のなかに飛び込んで汗をかくとだいたいのストレスは吹っ飛ぶ。が、いちばんの魅力は山の上で食べる食事である。地上の3倍は旨くなる。…

2016年の年末年始

今週のお題「年末年始の風景」 紅白歌合戦とガキの使いザッピングしながら年を越した。福井では長く雨が降り続いていた。行く年来る年で永平寺が映った。兄貴に明けましておめでとうと言った後でほろよい気分のなか外に出た。雨は止んでいた。満天の星が出迎…

2015年を映画などで振り返る

旧作ベスト いまを生きる ぐるりのこと ビューティフルマインド 1はまず邦題が素晴らしい。原題は死せる詩人の会。鬱で自殺してしまったロビン・ウィリアムズのベストアクトはこれだと思う。2は劇場公開以来7年ぶりに見たらまったく感想が変わっていた。流産…

デモ田中組とアンチCGと映画制作の宗教性について

デモ田中組クランクアップ。 とにかく終始笑いの絶えない楽しい現場だった。ぼくは撮影助手 兼 ドライバー 兼 DIT という役割をやらせてもらった。サービス精神満タンのシナリオであったので間違いなく面白い映画になると思います。来年公開。 関係者の皆様…

病める時も健やかなる時も『森のカフェ』初日

本日、私が制作と編集を担当しました映画『森のカフェ』初日です。 ヒューマントラストシネマ渋谷にて13:40と19:30上映です。13:40の回は舞台挨拶付きです。 土日は13:40と19:30、平日は13:40と18:40上映になります。詳しくは劇場のホームページをご覧くださ…

必読、女性に『ザ・トライブ』の話をしてはいけない理由

全編聾唖者による台詞なしの映画ということで話題の『ザ・トライブ』をキネカ大森に観に行ってきた。ぼくが今年観た映画のなかでもナンバーワンのすっごい不快な映画だったので1ヶ月ぶりにブログを更新する。 『ザ・トライブ』は全編が「手話のみ」で描かれ…

『蘇りの恋』10/17福井駅前短編映画祭にて上映

福井駅前短編映画祭にノミネートされた。 ポスターを作らないといけないといけなくなったので急遽、自分で作った。PHOTOGRAPHER HAL紹介のデザイナーさんにやってもらう案もあったのだが、自分なりにビジュアルと売りが整理できたのでよしとしよう。突貫工事…

要するに福島というのは奇跡である

『ハルをさがして』おのまち上映会 満員御礼。194人入る会場に、なんと260人ものお客様にご来場いただきました。映画の上映は、大ウケ。こちらが想定もしていないところで笑いを取れたり、ロケ地に故郷が映るだけで拍手が起きたりと、じつにあたたかい上映会…

「ハルをさがして」おのまち上映会

2012年の福島を舞台にした映画「ハルをさがして」おのまち上映会 ★小野町をロケ地とした映画が完成し、上映会を開催します!映画「ハルをさがして」昨年の夏に、主にいわき市と小野町をロケ地として撮影された映画「ハルをさがして」の「おのまち上映会」が…

Don't Follow the Wind 展を見にいった、とは言えない

ライターの木村奈緒さんにオススメされたので、『Don't Follow the wind ーNon-Visitor Center』展をワタリウム美術館に見にいった。素晴らしかった。本展は、広島の空に飛行機で「ピカッ」という文字を描いたり、岡本太郎の「明日への神話」に原発を描きた…

たぶん人生で必要なものはすべて大学で出会った

〈2015年9月撮影、31歳〉 大学の同級生達に送別会を開いてもらった 友情というのはどれくらい秘密を共有しているかで濃淡の決まるものである。 大学生時代の友人というのは互いの恥ずかしい過去を10個くらい知っているものである。 再会するとたいてい「イタ…

だれにもこれからどうなるかわからないという一歩を踏み出せ!

女の子の方がコミュニケーションが開かれているのはなぜだ? 中学生たちと3日間過ごした。 31にもなるおじさんが中学生たちと会話することなど滅多にないので貴重な機会であった。スタッフとしてもキャストとしても、いろんな中学生たちと接したわけであるが…

行列のできる自主映画作り

とある自主映画の現場にお邪魔している。 自主映画とは、監督主体の映画作りのことである。監督が予算を出し、監督が撮りたいもの撮る。(ほぼ)監督がシナリオを書き、監督が編集をする。映画作りは決して一人ではできない。役者、カメラマン、録音マン、弁…

いまそこにある湿度

人間の身体は6割が水。 カビは70%以上の湿度で増殖する。 これは関係があるに違いない。

カフェインの致死量を馬鹿にして人生を棒に振った人の話

コーヒーや緑茶、コーラや栄養ドリンクに入っている成分、カフェイン。化学式C8H10N4O2。 みんな大好き Caffein について調べてみました。 ちなみに僕はまだカフェインで人生を棒に振れるほど豊かな人生を送っておりません。 カフェインの作用 主な作用は、…

町山智浩『<映画の見方>がわかる本』

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 町山智浩さんの『がわかる本』-【2001年宇宙の旅】から【未知との遭遇】まで- は大学の映像学科3年生の頃に読んで、非常に影響を受けた本です。映画の見方だけでなく、映画の作り方、生き方まで教えてくれた本がこの本…

女優の小川仁美さんと再会する

2004年に撮った拙作『カササギの食卓』に出演していただいた小川仁美さんと数年ぶりに再会する。僕の映画に出てもらったのはもう11年も前のことになるのか!と驚愕する。小川さんには(学生の分際で)仕事を紹介してもらったり、イベントのお誘いを頂いたりか…

『森のカフェ』榎本憲男監督作

論文が書けない哲学者が近所の森で出会った女は 12/12より公開される『森のカフェ』の試写を観に行ってきた。 笑った笑った。日本ではちとめずらしい「ロマンチック・コメディ」というジャンルの映画である。ロマンチック・コメディは別名スクリューボール・…

レスポンシブルデザイン

スマホでの読みやすさを考慮し、レスポンシブルデザインつうのに移行中です。 見栄えがぽこぽこ変わってますがご了承を。

PFF2015『いさなとり』『幽霊アイドルこはる』『最前線物語』

PFFの歴史は日本映画の斜陽の歴史である 今日は第37回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)に行った。 PFFは自主映画の映画祭だ。もう37回もやっているのか。PFFの歴史は日本映画の斜陽化の歴史でもある。日本映画の黄金期を支えた撮影所が崩壊し、観客がテレビ…

今日は愛は揺れるものを科学する。

「好き」というのは感情である。感情は永遠ではない。 女性は恋愛に見返りを求めすぎではないか? 愛は合理的な計算にそぐわない だんだん愛とはなんなのかわからなくなってきた それは女である 「好き」というのは感情である。感情は永遠ではない。 感情と…

話は変わるけど、愛と恋の違いについて書く

神は女なんだ・・・・。まずそこから話を始めないと。— ボブ・ディランBOT (非公式) (@BobDylanBotJP) 2015, 9月 4恋は盲目、恋は病気、恋は底ぢから、愛は義務、愛は悲しくて美しい、愛は無償、愛は死よりも冷たい。恋をしてる二人は、1つの理想を共用し…

潔癖性のMちゃん

学生時代の同級生にMちゃんという娘がいた。いつも溌剌としていたが、どこか人を遠ざけることのある娘だった。大学三年生の後半にドキュメンタリーの授業があって、彼女もその授業を受けていた。その授業は課題としてドキュメンタリーを撮ってこい、というも…

霊長類はビタミンCを合成できなくなったかわりに色彩を手に入れた

ビタミンCは人間が生きる上でなくてはならない栄養素である。我々は食べ物からビタミンCを摂取する必要がある。実は、哺乳類のなかでビタミンCを体内で合成できないのはヒトだけである。それはなぜか?そしてその代わりに人類が得た美しい能力とは何か?とい…

やっぱりプロが好き。iPad Pro発表

Appleの新製品が発表された。 注目はiPad Proだろう。 http://www.apple.com/jp/ipad-pro/ Proの名を冠したのは、ホビーだけでなく仕事にも使ってくれというAppleの宣言である。Mac以外でProの名が与えられた初めてのiOS製品だ。iOS機器の弱点であった、音の…

ポリアモリー/複数同時恋愛について考えてみた

インターネットで調べ物をしていたらこんな記事に出会った。 同時に複数と性愛関係…『ポリアモリー』広がる新しい愛のカタチ - NAVER まとめ恋愛や結婚は1対1で行われるべきという、我々の価値観に深くインストールされた常識に反し、複数の異性と同時に恋愛…

親の話と低糖質ダイエットには千に一つも無駄がない

低糖質ダイエットで10Kg落とした! 短時間で努力なしでほぼ確実に痩せられる驚異のダイエット方が、「糖質制限」である。糖質(=炭水化物と砂糖類)を食べない、というシンプル極まりない方法だ。僕はゆるい糖質制限をして、7週間で10Kg体重が減った。きっかけ…

第一が原理であり第二に方法

今週のお題「いま学んでみたいこと」 心を訓練すること さて私たちには生来アイデアを作り出す才能があるとする。ここで私たちはつぎに、それではこの才能を伸ばすにはどんな方法があるだろうか、という実際的な疑問にぶつかる。 どんな技術を習得する場合に…

生物にとっては「変化すること」が生きているということ

つまり、「先が見えない」ことを不安と感じるのは、「未来」を扱う「頭」なのですが、しかし逆に「先が見えた」という言葉もあるように、先が見えることで「心」(=「身体」)は即興性を奪われ、落胆してしまいます。心電図の波形を見てもわかるように、生…

猫侍 南の島に行く

『猫侍 南の島に行く』@シネマート新宿 舞台挨拶付きの回満員御礼。北村一輝さんは実はすごいコメディエンヌなのだと感心した。顔の表情の芝居がじつに微に入り細に入り素晴らしい。 そして、こんなにバカらしい映画(褒め言葉)を真面目に作っているのがす…

飯沼珠実写真展「FROM LE CORBUSIER TO MAEKAWA」

飯沼珠実写真展「FROM LE CORBUSIER TO MAEKAWA」@新宿ニコンサロン 飯沼珠実写真展「FROM LE CORBUSIER TO MAEKAWA」 - デジカメ Watch コルビジェの建築、そしてコルビジェの弟子である前川の建築の直線と、それを切り裂く木々と陽射しのコントラストが美…

夢はひとつの恐怖であり、若者が夢を延命する装置が共同生活だ。

『テラーオブハウス』@ユーロスペース 監督 角田裕秋 原案 にがウーロン 脚本 シーズン野田 『テラスハウス』をホラー方向にパロディした映画である。ただ、僕は『テラスハウス』は未見である。男女の若者数人を一つ屋根の下に住まわせて恋愛関係になるのを…

秋の夜長に睡眠について書く

今週のお題「いま学んでみたいこと」 人生の1/3は寝て過ごす。 たまに、寝るのがもったいないくてその時間遊ぶという人や、2時間しか寝ない、という人がいる。信じられない。かくいう僕も20代のうちは2日間起きて半日眠る、というような不規則な生活をしてい…

アイドル・イズ・デッド/アナタの白子に戻り鰹

9/3 MOOSIC LAB 2015 @K's Cinema 加藤行宏監督BiS主演『アイドル・イズ・デッド』 アイドルへの道は血と汗と涙で汚れているからこそ美しい。残酷で容赦のない描写が何者にもなれない女の子の「でも、やるんだよ!」精神をくすぐる。おぢさんも泣いた。た…

永遠も半ばを過ぎて

永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)作者: 中島らも出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1997/09メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 21回この商品を含むブログ (92件) を見る 永遠も半ばを過ぎた。 私とリーは丘の上にいて 鐘がたしかにそれを告げるのを聞いた。 私…

バンド・オブ・ザ・ナイト

中島らも著『バンド・オブ・ザ・ナイト』を読了した。言葉の爆弾にくらくらする。読了後の目眩感がすさまじい。中島らもの小説はエッセイ含めたいてい読んでいるが『バンド・オブ・ザ・ナイト』はほかのどれとも違う、異様な小説であった。酩酊描写の際の短…

亀井亨監督のMacをメンテナンスする

亀井亨監督の家に呼ばれる。亀井さんのiMacのクリーンインストールを頼まれたのだ。8年くらい前から亀井さんのデジタルまわりのサポートは僕が担当させてもらっている。現代のアーティストは基本的には、コンピューターと向かい合わないとものをつくることが…

俳優の泉光典さんと三崎港に釣りに行った。

拙作「蘇りの恋」「出発の時間」主演の泉光典さんに釣りに誘われたのでお供した。ぼくは釣りをするのは小学校以来……だから20年ぶりくらいだ。そういえば小学校のときの愛読書は「釣りキチ三平」と「釣りバカ日誌」であった。福井にはいもしない幻の魚を夢見…

国会議事堂前安保法案反対デモに参加してきた。

国会議事堂、安保法案反対デモに参加してきた。社会のことになにも触れないわけにはもういかない。戦争をしないための法案だと政府は言う。疑わしい。ならば現行法案でいいじゃないか。憲法違反をわざわざ犯してまで、強行採決してまで急に法案を通すこたな…

小林でび主催の演技のワークショップに行ってきた。

演技講座:21世紀の役作りとは by 小林でび 俳優であり監督でもある小林でびさん主催の演技についてのワークショップに行ってきた。でびさんの映画は基本的には自分が出演して監督もするというスタンスだ。じつにくだらない(褒め言葉)ショートムービーか…

手間をかければ安くてもうまくて幸せになれるはずなのに

松屋でめしを食うと「またつまらぬもので腹を満たしてしまった…」という気分になる。松屋ファンの皆さんごめんなさい。しかし不味いものは不味い。米も炊き方も酷い。俺は農家の孫で、姉は寿司屋の嫁、兄は嫁が米屋で、父と母が暮らす家では玄米から自家精米…

なぜ仕事をしなければならないのか?

大人なら仕事をするのが当然、という考え方があります。常識的な考えかもしれない。仕事をして、お金を稼いで、家族を養う。これが人間にとってまっとうな生き方だと。果たしてそうか?というのが今日のテーマであります。 戦中や戦後の貧しい時代に生まれ育…