FilmMaker Ishikawa Shingo

「蘇りの恋」「カササギの食卓」「出発の時間」「あさごはん」などの映画監督、石川真吾のブログです。

生物にとっては「変化すること」が生きているということ

 つまり、「先が見えない」ことを不安と感じるのは、「未来」を扱う「頭」なのですが、しかし逆に「先が見えた」という言葉もあるように、先が見えることで「心」(=「身体」)は即興性を奪われ、落胆してしまいます。心電図の波形を見てもわかるように、生物にとっては変化こそが「生きている」ことなのであって、安定とは究極は「死」の世界なのです。http://diamond.jp/articles/-/3035?page=3    泉谷閑示(精神科医)
生物にとっては変化こそが「生きている」ことなのだ。変化を恐れてはいけない。映画のシナリオでも主人公は変化するものである。安定ばかりを目指すのは生物としてふさわしくないのだと思う。

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)