FilmMaker Ishikawa Shingo

「蘇りの恋」「カササギの食卓」「出発の時間」「あさごはん」などの映画監督、石川真吾のブログです。

ナイフ初心者がオピネルのナイフを購入した

お題「ちょっとした贅沢」

携帯用のナイフが欲しくなって、隊長に相談した。

f:id:dptz:20160107032743p:plain

隊長とは誰か。隊長の世を忍ぶ仮の姿はカメラマンであるが、本職は登山家である。嘘である。本職はカメラマン(撮影部)でぼくとは登山仲間である。昨年は一緒に富士登山をした。隊長は仕事で稼いだギャラをカッコいいアウトドアギアにつぎ込みまくる独身貴族である。羨ましい。G-SHOCKなんて30個持っているとか言っていた。趣味には金を惜しまない男はカッコいい、と思う。

 

山などのアウトドアでめしを食うのにどうしてもナイフは必要だ。インスタント品ばかりを食うわけにもいかない。生鮮食品はだいたいカットする必要がある。しかし少しでも荷物を軽くしたいアウトドアフィールドで、包丁を剥き身で持ち歩くわけにはいかない。なんせかさばるし。そこで隊長はオピネルというメーカーを薦めてくれた。コスパ重視ならオピネルであると。

 

(オピネル) OPINEL カーボン フォールディングナイフ #9

(オピネル) OPINEL カーボン フォールディングナイフ #9

 

 

オピネル(OPINEL)はフランスのアウトドアナイフメーカー。

opinel.jp

 

調理具屋でもあるらしいのでぼくのニーズにはぴったりだ。オピネルの9番は2000円前後でコスパも良いしよく切れるド定番なのだそうだ。AMAZONの最安値は¥1,987。おお、思っていたより安い。ナイフってなんとなく一万円超えそうなイメージだった。

 

どんなアウトドア用品店でも扱っているとのことだ。じゃあ行きつけの新宿のエルブレスで買おうと思っていたが、その前にモンベルストア新宿に寄った。モンベルストア渋谷には昨年クリスマスに行ってメリノウールを買った。その話はまた別の日に。ぼくの移動圏内だと新宿がありがたいので新宿モンベルストアも一度行ってみたかったのだ。登山リュックとかをなんとなく見てまわっていたら、ナイフコーナーが。そしたらモンベルストアでもオピネルを取り扱っていた。

 

持たせてもらったら、9番が手になじんだ。購入。少しでも安いのがよかったのでカーボンを買ったのだが、隊長いわく

 

f:id:dptz:20160107034144p:plain

 

オピネルはカーボンとステンレスがあってカーボンは安いけど錆びやすい。メンテしないのならちょっと高いけどステンレスをすすめる。隊長のはカーボンなので少し錆びてる。

 ま、ぼくはナイフ初心者なので最安値のカーボンでいいです。未体験のものは最安値から入るに限る。

 

f:id:dptz:20160104225723j:plain

ベーコン切ってみたけどほんとによく切れる。

チキンも切り刻めた。

これでアウトドアでいろんな肉やら野菜やらを切り刻んじゃうぞ。

これはよい買い物をした。

 

AMAZONのレビューを読むとブレードを出すのが硬い、とのことだったがそんなことはなく非常にスムースに刃の出し入れができた。

 

ただし、刃渡りが8センチを越えているので街中での銃刀法違反と職質には注意が必要のようだ。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

これはちょっとだけ高いステンレススチールモデル。

(オピネル) OPINEL ステンレススチール ナイフ ♯9

(オピネル) OPINEL ステンレススチール ナイフ ♯9

 

 

 よし、これで肉切って焼いちゃうぞ。うへへ。

f:id:dptz:20160103125123j:plain

 

 

広告を非表示にする