FilmMaker Ishikawa Shingo

「蘇りの恋」「カササギの食卓」「出発の時間」「あさごはん」などの映画監督、石川真吾のブログです。

2017年を映画などでふりかえる

スター・ウォーズ 最後のジェダイ

f:id:dptz:20171231194128j:plain

 

スター・ウォーズ 最後のジェダイ』が今年のナンバーワンフィルムでした。血統主義からスターウォーズを解放した。名もなき人々がヒーロー/ヒロインになる。旧作へのアンチテーゼ。聖書は燃やせ!私たちが新しい世代だ!荒唐無稽さがウリの作品にプロットの不備をあげつらってもしょうがないと思うんだ。ポーグかわいい。

 

 

 

2017年映画ランキング

  1. スター・ウォーズ 最後のジェダイ
  2. ニッポン国 VS 泉南石綿
  3. エル/ELLE
  4. ブレードランナー2049
  5. ゴッホ 最後の手紙
  6. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Remix
  7. メッセージ
  8. 新感染 ファイナルエクスプレス
  9. キングコング 髑髏島の巨神
  10. 沈黙
  11. ベイビードライバー
  12. アウトレイジ最終章
  13. あゝ、荒野
  14. オクジャ
  15. コクソン
  16. マッドマックス 怒りのデスロード ~ブラック・アンド・クローム・エディション~
  17. チャウ・シンチーの人魚姫
  18. ハクソー・リッジ
  19. トレインスポッティング
  20. エイリアン・コヴェナント
  21. 猿の惑星 聖戦記
  22. バンコクナイツ

 

『ニッポン国 VS 泉南石綿村』日本人よもっと怒れと焚きつける、原一男監督の215分、撮影8年、編集4年の渾身作!!!裁判でどんどん死んでいく被害者たちの鎮魂歌。

『エル』強烈な女の強烈な映画。エロとバカと変態しか出てこない。

ブレードランナー2049ロジャー・ディーキンスの贅沢な絵画タッチ。ジョイちゃんの可愛さ!

ゴッホ 最後の手紙』世界中から集めた120人のアーティストでゴッホタッチで描かれたた脅威の62000枚の油絵アニメーション!貧乏と絶望のまま死んだゴッホの、芸術の勝利に涙が止まらない。

 

 

 

ワースト
  1. ダンケルク
  2. はらはらなのか。
  3. ラ・ラ・ランド

 

ダンケルク』は本物の戦闘機を用意したりリアルを徹底しているようで、編集で大嘘をついているのでまったく誠実な作りではない。『ゼロ・グラビティ』『マッドマックス 怒りのデスロード』『シン・ゴジラ』に続く「体感」型映画だが、『ダンケルク』は詐欺でプロバガンダ。悪質だと思った。

 

旧作ベスト

 

ようやく観れた『クーリンチェ』。台湾という国家の光と影。懐中電灯を持ち続けるのをやめてはいけない、ということなのなのだろう。照らしていないと、闇に飲まれる。これぞ映画、という映画だった。

イギリス滞在中に観た『ターミネーター2』は、公開時私は小学二年生。今観ると、疑似家族の話に強烈なアクションを足した作品だということが分かる。敵役の設定もすばらしい。機械に人間性を教えるエドワード・ファーロング。涙。もう最高。

 

 

今年やった仕事

 

撮影部として
  • 林組『赤シャツの逆襲』 (南海放送
  • 頼朝の窟


頼朝の窟~The Cave of Yoritomo 2017~

制作部として
編集部として
  • 吉岡組『伝承』
  • reinvent the way you work - 北陸銀行


reinvent the way you work - 北陸銀行様編

 

録音部として
  • 加賀賢三組
  • HP Project Mars

HP Mars Home Planet | 日本HP

 

 

エキストラとして参加
  • あきら組
  • あすか組
  • 浜崎組

 

登った山

 

買って良かったもの

f:id:dptz:20171214194550j:plain
 

行った国
  • イギリス
  • オランダ

f:id:dptz:20171028180641j:plain

 


 

旨かったもの
  • 福岡「志ら石」のふぐ

    f:id:dptz:20171128193853j:plain

 

来年の抱負

来年は商業映画監督デビューできるかどうかがかかる、勝負の一年になりそうです。頑張るぞ〜!!